総合トップ > 会員のページ > リーダー向け > インストラクター認定講座

ネイチャーゲームリーダースタートアップ
各種手続き
ネイチャーゲーム関連資料・様式・ツール
五感で楽しむ自然ふれあいプログラム
ネイチャーゲームウェブショップ
共に学ぶ・わかちあう
ネイチャーゲームニュースレター
よくあるご質問

組織支援室

コーディネーター
インストラクター
トレーナー




インストラクター認定講座
ネイチャーゲームインストラクターとは
ネイチャーゲームインストラクター(以下インストラクター)とは、地域での講師活動を通して、ネイチャーゲームの普及を担う人です。インストラクターの資格を取得された方は、以下のことが可能となります。
・公益社団法人日本シェアリングネイチャー協会(以下日本協会)より要請を受けて、または独自に日本協会認定講師として地域でのネイチャーゲームに関する講師活動を行う。
・日本協会認定講師として、外部団体からの講師依頼を受託する。
・日本協会公式ホームページ上で、日本協会認定講師として紹介される(任意)。
・地域講師活動に有益な情報ツールであるインストラクターニュースレターを受取る。
・インストラクター研修などを通して、全国のインストラクターと交流、研鑽する。
認定講座(第2次審査)受講要件と審査項目

認定講座(第2次審査)参加対象者
・原則として20歳以上(インストラクター登録時)で、ネイチャーゲームリーダーの資格を保持していること
・日本協会所定の教育課程において、必要な単位を取得していること(必要な単位は指導員手帳をご覧ください)

審査項目
・日本協会指導者養成規程に基づき、「地域講師を担うのにふさわしい適性、技術、理解力を身につけているかどうか」について審査します。

インストラクター認定までの流れ

募集要項を日本協会に請求する

募集要項を確認し、応募申請書と単位集計表をここからダウンロードして記載・郵送する

第1次審査

合格したら、第2次審査(認定講座)に参加する

後日、指導者養成委員会にて審査を行う

合格したら委託契約手続きを行い、インストラクター


1)第1次審査

第1次審査にて単位取得状況について審査を行います。

第1次審査の結果通知の際、合格者には第2次審査参加要項をお送りします。
・公認ネイチャーゲームインストラクター認定講座(応募*登録)申請書: 01-1shinseisho.doc
・単位集計表/インストラクター認定講座:01-2tanishuukei.doc 
 ※アクティビティ指導実践活動単位はフローラーニングの4つの段階を全て含む12アクティビティが必要です。
  旧単位制度で設定していましたアクティビティの指定はなくなりました。
各会場の締切は、下記のインストラクター認定講座情報をご確認ください。

▼下記の書類を「インストラクター係」宛に郵送してください(メール・ファクス不可)

郵送先:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-13-17ワークスナカノ2F
    日本シェアリングネイチャー協会 インストラクター係

提出物:
a.公認ネイチャーゲームインストラクター認定講座(応募*登録)申請書
b.単位集計表/インストラクター認定講座
c.必要な単位を証明する書類(指導員手帳・ステップアップカードのコピー)
※d.都道府県協会の推薦にて受講される場合は都道府県協会の推薦状

 

▼第1次審査料を下記の口座にお振り込みください。

審査料:2,000円
振込先:みずほ銀行 新宿支店 普通 5467909
    社)日本シェアリングネイチャー協会
    ※申込者名の後に「イントラニンテイ」と入れてください
    (入れ忘れた場合は担当までご一報ください)

2)ネイチャーゲームインストラクター認定講座(第2次審査)

第1次審査合格者のみインストラクター認定講座を受講することができます。
・インストラクターとしての適性、技術、理解力を審査するための検定講座のため、全日程の半分以上が実技および筆記試験の時間となります。
・インストラクターの役割や地域講師活動の仕組みなどを学びます。また、講座参加者を対象にしたアクティビティの指導を通し、アクティビティのねらいや指導方法を確認します。
・実技(ビデオ撮影有)と筆記(ネイチャーゲームについての理解と自然に関する基礎的な知識など)の検定を行ないます。
・講師は日本シェアリングネイチャー協会指導者養成委員が勤め、審査は後日、指導者養成委員による審査会で合否を決定します。

インストラクター認定講座情報

※第1次審査合格者のみインストラクター認定講座(2次審査)を受講することができます。


2017年度の開催予定
福井県会場
第1次審査 2017年12月10日 書類必着
第2次審査 2018年1月13日(土)〜14日(日)1泊2日

山形県会場 終了しました
第1次審査 2017年7月20日 書類必着
第2次審査 2017年8月26日〜27日 1泊2日

2016年度の開催
京都府会場 
終了しました
第1次審査 2017年2月3日 書類必着
第2次審査 2017年3月4日〜5日 1泊2日

沖縄県会場 終了しました
第1次審査 2016年9月23日 書類必着
第2次審査 2016年10月22日〜23日 1泊2日

宮城県会場 終了しました
第1次審査 2016年8月9日 書類必着
第2次審査 2016年9月10日〜11日 1泊2日


2015年度の開催実績
長崎県会場 
終了しました
第1次審査 2016年1月29日 書類必着
第2次審査 2016年2月27日〜28日 1泊2日

徳島県会場 終了しました
第1次審査 2015年11月2日 書類必着
第2次審査 2015年11月28日〜29日 日帰り2日

岩手県会場 終了しました
第1次審査 2015年10月19日 書類必着
第2次審査 2015年12月5日〜6日 1泊2日

2014年度の開催実績
埼玉県会場
 終了しました
第1次審査 2014年5月14日 書類必着
第2次審査 2014年6月14日〜15日

兵庫県会場 終了しました
第1次審査 2014年6月12日 書類必着
第2次審査 2014年7月12日〜13日

東京都会場 終了しました
第1次審査 2015年1月14日 書類必着
第2次審査 2015年2月14日〜15日 

宮崎県会場 終了しました
第1次審査 2015年2月9日 書類必着
第2次審査 2015年3月7日〜8日

お問い合わせ先

お問い合わせフォームまたは下記までご相談ください。

日本シェアリングネイチャー協会 インストラクター係 山口哲也
TEL:03-5363-6010(土日祝日を除く10:00~17:30)
FAX:03-5363-6013
E-mail:instructor@naturegame.or.jp

リーダー研修単位に関する特別措置について

リーダー研修単位を取得できる講座・セミナー・研修の各地域における開催数や、地理的な問題、また土日に休めないなどの仕事の都合などにより、リー ダー研修単位取得機会が十分に得られない場合が見られます。

また指導員手帳の紛失などで取得した単位が確認できなくなってしまったという声も届いていま す。
そこで、コーディネーター・インストラクターを目指している方で、上記のような事情により、「リーダー研修単位」が一次審査に必要な3回に届かない場合のための特別措置制度があります。

上記に該当する場合には、所定の申請書(tokubetusochisinsei.doc) により、あらかじめ日本協会事務局に特別措置の願いを提出してください。
事情を勘案し、特別措置の条件に該当すると認められる方には、不足する「リーダー研修単位」分の研修記録やレポート課題(過去3年間の指導員報『自然案内人』の内容の理解や実践に関する報告などを予定)をお示しします。これを他の書類と一緒に提出いただいて一次審査を行います。
※特別措置にて認定できるリーダー研修単位は2回までです。

●都道府県協会推薦の廃止について(都道府県シェアリングネイチャー協会の方へ)
都道府県内のネイチャーゲーム普及戦略の一環として実施してきました「都道府県協会による推薦」受講は、2014年度をもって終了しました。
「リーダー研修単位」に関する特別措置の設置に伴い、従来の「インストラクター認定講座における都道府県協会推薦」は廃止します。
2010年度より都道府県内のネイチャーゲーム普及戦略の一環として、都道府県協会の推薦を受けたネイチャーゲームリーダーについて、インストラクター認定講座への受講を認める制度を設けておりました。
その趣旨は、これまで「アクティビティ指導」の実績のある方が、ご事情等により日本協会事務局への報告ができていなかった際に、実績の証明として都道府県協会に証明いただくこと、また、都道府県協会としてぜひインストラクターとして地域講師活動に活躍してほしいと思われる方に受講を促していただきたいということでした。そのため、各都道府県でそれぞれ独自の基準を設けたうえでご推薦いただき、その結果多くのインストラクターが誕生したことは、皆様のご理解ご協力の賜物であり御礼申し上げます。
しかし、2013年度からの単位取得の仕組みの変更に伴い、「アクティビティ指導」の実績は指導員手帳Bシート「アクティビティ指導実践活動」にて"自己記録"にて整理することとなり、この制度の中核となる必要性がなくなったこと。また、「リーダー研修単位」に関しては、これに代わる特別措置がさらに範囲を広げて新設されることから、都道府県協会推薦を廃止することとなりました。

都道府県内で活躍するリーダーの方々に対して本制度の周知とともに、引き続きインストラクターを目指していただけるようお声がけいただけますよう、ぜひご協力をお願い申し上げます。

TOP