総合トップ > 資格を取りたい > ネイチャーゲームリーダーについて

ネイチャーゲームリーダーについて
みんなが、自然あそびの天才

IMG_1488.JPG
自然の中で、見る、聴く、触れる・・・

木や風と友だちになって、

自然とふれあう楽しさを伝えたい。


自然遊びには、
誰もが天才になれる、すごい力があふれています。
自然のそのままを見ること・聞くこと・触れることで生まれる感動が、
私たちを豊かに育んでくれます。

ネイチャーゲームリーダーは、
ネイチャーゲームをはじめとするシェアリングネイチャー活動を通して、
身近な子どもや大人に自然を案内することで心動かす体験を伝える人であり、
また、自らも自然とのふれあいを楽しむ人


私たちはネイチャーゲームリーダーを、

「自然案内人」と呼んでいます。


ネイチャーゲームリーダーの活動の場

l-about_P2.jpg
1986年に日本でネイチャーゲームの普及が始まって30年以上が経ち、これまでに4万人以上がネイチャーゲームリーダー養成講座を受講し、現在、約10,000人が登録し各地で活動されています。


友人や家族とネイチャーゲームを楽しんでいる方
イベントボランティア活動に活かしている方
森のようちえん子育て支援に取り組まれている方
幼児教育保育の現場など小さな子どもたちと関わる方
学校の授業の導入などにネイチャーゲームを活用している方
福祉の現場でネイチャーゲームを活用している方
環境教育野外活動の現場で取り入れている方
宿泊施設の体験活動のメニューに活かしている方
自然体験活動を専業とされている方や、目指している方
・企業のCSR担当の方
SDGsに取り組まれている方
ヨガ・ヨーガのインストラクターをされている方
セラピストの方
・山や海のガイドをされている方
森林保全自然保護地球温暖化防止に取り組まれている方
社会貢献国際貢献の活動に参加される方


など、ネイチャーゲームとの関わり方は十人十色です。

また、ご自身の暮らしの中で自然とふれあう時間を楽しむ方も多く、それぞれのライフスタイルに大きな収穫をもたらしています。

人が自然を尊重し共生していく社会を目指して

l-about_P3.jpg自然と人との関係性が希薄な現代は、自然環境にも人間環境にも前途多難な時代と言われています。

その一方でESD(持続可能な開発のための教育)、SDGs(持続可能な開発目標)など、国際的な取り組みに根ざした新しい展開も見えてきました。


私たちの活動の目的は「人が自然を尊重し共生していく社会をつくる」こと。


直接、自然とふれあう体験は、自分を自然の一部ととらえることにつながります。
そして自然から得た感動やよろこびのシェアは、その気づきをさらに豊かなものにしてくれます。
こうした体験は人々の行動を内側から変化させ、心豊かな生き方へとつながっています。



私たちは、この「シェアリングネイチャー《自然をわかちあおう》」の考え方に基づき、情報発信、教材開発各種研修・セミナー・イベントの開催、そして、これらの活動を支え、ともに取り組む仲間=自然案内人の養成を通して、Sharing Nature Life 〜自然を楽しみ、自然と遊び、自然から学ぶよろこびに満たされた生活〜 を送る人々の輪を広げていきます。


※ネイチャーゲームリーダー養成講座は、環境教育等促進法* 人材認定等事業の登録事業です。
今後様々な場面で環境教育が推進され、ネイチャーゲームリーダー資格の認知や社会的意義がますます高まることが期待されています。

[リンク][環境省] 環境教育の人材育成・人材認定等事業データベース

*環境教育等促進法:環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(旧 環境教育推進法)



[次のページへ進む]リーダーになるには/受講案内


●ネイチャーゲームリーダー養成講座 開催予定●
[リンク]ネイチャーゲームリーダー養成講座一覧(日程順)

●ネイチャーゲームリーダーについて●
[リンク]現役リーダーに聞く!

●ネイチャーゲームリーダー養成講座のご案内●
[リンク]リーダー養成パンフレット(PDF)

●企業・団体等で開催する資格取得講座についてはこちらから●
[リンク][出前開催]ネイチャーゲームリーダー養成講座のご案内

●大学等で開催する学生向け資格取得講座についてはこちらから●
[リンク]ネイチャーゲーム課程認定校制度のご案内

TOP